WORKS

  • 松島の家

  • 松島湾を望む庭を楽しむ家
  • 松島湾を望む高台に建つ家。屋根のある駐車スペースやロードバイクを置く土間など1階のボリュームが大きいため下屋を出し、軒の水平線を強調した外観とした。芝生の庭は使える庭として計画し、軒下のデッキとあわせ…
  • 2017
  • more
  • 八幡エコハウス

  • スキップするトンネルハウス
  • 広瀬川の河岸段丘の中腹に建つ小さな家。敷地は間口6mの鰻の寝床。狭い間口で南面からの日射取得を最大限化するために、ほぼ建物の幅いっぱいを開口とした。南北面が大開口のトンネル状の空間を夏は川風が通り抜け…
  • 2016
  • more
  • 一関の古民家再生

  • 冬でも寒くない築200年の古民家
  • この家には3世代が暮らしている。思い入れのあるこの家を残したいと言ったのは30代の若夫婦だった。数度の改修を経て内部は当初の状態を残していなかったが、内装を剥がしてみると太く真っ黒な梁や柱が現れた。古…
  • 2015
  • more
  • 米沢の家

  • 自然素材の無落雪高断熱エコハウス
  • 米沢は日本屈指の豪雪地帯であるため、雪下ろしの必要の無い無落雪の平らな屋根の家も多いが、地域の風景になじんでいるとは言いがたい。この家でも無落雪を希望されたので、風景になじみ、克雪の機能も持った屋根と…
  • 2015
  • more
  • 根白石の家

  • ずっとそこにある家
  • 仙台市郊外の田園地帯に佇む家。50年後にそこにあってもおかしくないようなスタンダードなスタイル。十分な断熱性能を確保しつつ、気持ちのいい季節には幅3間の窓を全開して外部との一体感を楽しむことができる。
  • 2015
  • more
  • 中山の家

  • ミニマムな家型
  • わずか23坪の小住宅。外観は多くの人が思い描く家型の箱である。内部はその家型をなぞるようにラワン合板を貼り巡らした。シンプルな空間構成に住まい手のセンスが光る家。
  • 2014
  • more
  • bluecoffee

  • 森の中の小さなカフェ
  • 森の中にある小さなカフェ。周囲の木立になじむように木の板貼りの外壁、単純な片流れの屋根。内部の壁は杉板を隙間を空けて貼り、床は足場板を利用している。森の中の納屋を改修したような雰囲気。
  • 2014
  • more
  • 白石の家

  • 掘りごたつのある1.5層の家
  • 子供たちが独立した後のご夫婦の家。キッチンからつながった大きなテーブル(掘りごたつ)で晩酌する。掘りごたつの足元には床下のエアコンからの暖気が吹き出す。ビルトインガレージの上は、子供が帰省した時のため…
  • 2014
  • more
  • 八木山の家

  • 空へ向かう家
  • 仙台平野を一望する高台の上に建つ家。素晴らしい眺望とともに気持ち良く暮らすための家のあり方を考えた。視線が自然に外へ向かうよう、室内は過剰な装飾を避けたシンプルな空間としている。また、食を生活や団らん…
  • 2013
  • more
  • 多賀城のコートハウス

  • 中庭を囲む2世帯住宅
  • 2世代5人が暮らす家。密集した分譲地の中でプライバシーと開放感を両立するためにコートハウスとした。外界とのプライバシーだけでなく、生活の異なる2世帯間のプライバシーも保つため、2階建ての棟と平屋の棟を…
  • 2013
  • more
1 / 3123

ページトップへ